「ファシリテータ―」と「ドリームマップファシリテーター」は違うの?

こんにちは。ぺこりんです!
今日は、最近よくお問い合わせを頂く、
「ファシリテータ―」と「ドリームマップファシリテーター」の違いとは?についてお話ししたいと思います。

まずは、「ファシリテータ―」の語源である「ファシリテーション」とは、何でしょうか??

「ファシリテーション」の原意は、促進する、容易にする、円滑にする、支援するです!
会議やミーティングの場で、参加者の発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、
参加者の認識の一致を確認したりすることで、参加者の活動が容易にできるように
支援し、合意形成や相互理解をサポートして組織や参加者の活性化を促進させる
手法です。

なので、「ファシリテーター」とは、上記を主体的に担う人のことを言います。

簡単にいえば、進行役ですね。
「ドリームマップファシリテーター」とは、「集まった参加者一人一人が自分を大切に感じながら、他社とつながり合い、自分と他者を認めながら、夢が湧き出る場をつくる人」のことを言います。

1日6時間のワンデイドリームマップ講座をする際に、ドリームマップファシリテーターは参加者個人の主体性を引き出したり、
人と人をつなげ、相互のコミュニケーションを促進し、モチベーションを高める役割を担います。

先生のように教えるのではなく、引き出し、繋げる役割です。

どういうこと??
ワークショップだから教える人じゃないの?
など、疑問がたくさん出てきますよね?

ドリームマップを通して、ファシリテーターとは?も学べるステキなドリームマップファシリテーター養成講座でより詳しく学ぶことができます!

ドリームマップファシリテーター養成講座だからこそ、学べることもたくさん詰め込まれています!

是非、足を運んで自分自身のスキルアップへつなげ、より豊かな生き方を見つけましょう!!

ドリームマップ普及協会

〜私らしい夢がつなげる 今と未来のPeace & Happiness 〜 ドリームマップ®は、あなたの夢を描き、人生を豊かにするためのツールです。 日頃の取り組みやイベントを掲載していきます。お楽しみに・・・